今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

日本人の(ハワイ)に対する憧れの歌をめぐる旅

旅行

  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

憧れのハワイ航路(昭和23年の流行歌)

 戦勝国アメリカには、ペニシリン、抗生物質といった医療品、高度な技術を持つ産業とそれに伴う大きな富、さらには民主主義、そのほか人が望むものが何でもあった。貧しい敗戦国日本はそれら全てに憧憬を持った。
 「憧れのハワイ航路」は、日本もアメリカのような豊かな国なりたいとの憧れを歌った曲である。「ハワイ」は「アメリカ」の代名詞なのである。

日本には、ハワイに対する憧れは戦前からありました。戦争で中断されましたが・・。

美はしの今宵(原題:ドント・シング・アロハ・ウェン・アイ・ゴー)

 小林千代子は、1910年(明治43年)に生まれ、1931年(昭和6年)に東洋音楽学校を首席で卒業した。「涙の渡り鳥」の大ヒットでしられるが、ジャズ、タンゴ、シャンソンなどにも名唱を多く残している。
 1933年2月に発売された、「ハイダ」名義での灰田晴彦の貴重な初期録音でもある。

  ALOHA OE ビクターエンターテインメント社より引用。

「憧れのハワイ航路」は日本国の正しい進路を暗示した流行歌なのです

 日本は明治維新以降、親英米の路線に乗っかって順調に発展を遂げて行った。ところが、2級軍人の主張に乗せられて日露戦争で得た満州の権益にこだわりすぎ、反英米路線に軌道修正していく。そして英米を敵に回して太平洋戦争に突入し、1945年には無条件降伏をするに至る。
 しかし敗戦後は再び、親英米路線に戻り、日本は順調に発展をとげるようになる。親ソビエト路線の国々の結末と比較してみよ。「憧れのハワイ航路」は、日本はやはり親英米路線を採ることによって発展するということをも、語りかけているのである。
 流行歌だからと言ってバカにしてはいけない。親ナチスドイツ主義に賛同した2級軍人や文化人より、はるかに賢明な心情を歌い上げているのである。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ