次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

辰韓の親高句麗の扶余系首長たちの邪馬台国への逃避の旅

旅行

  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

銅鐸祭祀の広がりと四隅突出墳丘墓の出現

 邪馬台国の都の吉野ケ里遺跡を発祥地とする銅鐸祭祀は弥生時代後期前半(107年~244年)には、中国・四国・近畿地方に広がるが、この頃、中国地方には、方形の墳丘の四隅に突出部がつく四隅突出型墳丘墓が出現する。

四隅突出墳丘墓の出現した理由

 中国地方に弥生時代Ⅳ期(107年~240年頃)、四隅突出墳丘墓が出現するのは、この頃、厳しい反高句麗政策をとる扶余系の馬韓の辰王が、辰国の親高句麗の扶余系首長たちを攻撃したので、彼らの一部がその攻撃を避けるために、反高句麗政策をとるが辰王ほどは厳しくない、卑弥呼を含む数代の邪馬台国王の許可を得て、辰韓から中国地方に移住し、その移住地の首長となったためであろう。
 そして、辰王の支配を嫌って倭国に渡来した馬韓・弁韓の親高句麗の首長たちを、前述の邪馬台国王は、山陽地方・四国・近畿・中部地方に移住させたと考えられる。

日本最古の銅鐸は帥升が107年に倭国王に即位したことを祝って作られたものとみられる

 当時、韓国(三韓)から西日本に渡来する扶余集団の首長が多数いたので、帥升(107年に即位)は彼の支配力を強めるために、銅鐸祭祀を始めたのであろう。
 杉原荘介は『日本青銅器の研究』(1972年)で、福田式銅鐸が製造された時期を第1期とし、銅鐸の製造開始をは西暦100年頃としている。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸