世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ナポリ発 ナポレターナの旅へご招待します

旅行

  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ナポリ地方の歌であるナポレターナの魅力

 イタリアの南部、ナポリ地方の歌であるナポレターナは、その特有の魅力によって世界中の人々を惹きつけてきた。
 ときに晴れ晴れと明るく、またときに深い憂愁をおびたその調べは、いずれにせよ情熱的で、官能的な美しさに富んでいる。
 湾あり、火山ありできわめて美しい風光を持つナポリは古くから多くの人種をそのふところに招き、音楽の面でも、いきおい多彩な要素をはぐくんできた。
 また、起源を問えば中世にもさかのぼるという有名な「ピエディグロッタの歌祭」に絶好の機会を得て、土地の詩人や作曲家・・つまり無名の民衆ではない、その道の専門家たち・・が民謡の創作に力を傾けてきたという、特別な事情もナポリにはある。
 つまり、ナポリ民衆の歌は、他の地方に伝わる読み人知らずの歌たちに比べて格段に整った形と洗練された情趣をそなえたものであってきた。
 カルーソ、ジーリ、スキ-パほか歴代の名オペラ歌手たちが、好んでナポレターナをレパートリーに加え、ファンを酔わせてきたのもそれゆえである。
PHILIPS ホセ・カレーラスのナポリ民謡集から引用しています。

サンタルチア

 サンタ・ルチアのナポリ語の歌詞は、ナポリ湾に面した絵のように美しい波止場地区ボルゴ・サンタ・ルチアを讃え、船頭が自分の船に乗って夕涼みするように誘いかけている。
 ウイキペデイアから引用しています。
歌詞 日本語
 月は高く 海に照り
 風も絶え 波もなし
 来よや友よ 舟は待つてり
 サンタ ルチア
 サンタ ルチア

 ほのかなる 潮の香に
 流るるは 笛の音か
 晴れし空に 月は冴えぬ
 サンタ ルチア
 サンタ ルチア

 ・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・
 「日本語と原語で謳う世界の名歌」 野ばら社より引用。

フニクリフニクラ

 ジュセッペ・トゥルコ詞、ルイジデンツァ(1846~1922)曲。1880年のこと、ナポリ近郊のヴェスビオ火山に初めて登山電車ができた。
 しかし、なにぶんにも火山のこととて、恐れて人々があまり集まらない。そこで経営者は考え、PRソングを作ってみることにした。
 ケーブリカーを意味するfunicolareをもじってはやし言葉ふうのリフレインにしたこのうたはたちまちビエディグロッタの歌祭で人気を奪い、それからは登山電車は満員の盛況になったという。

「今夜、娘さんよ、おれは登っていくんだ。どこへだかわかるかい?あんたのつれない心が、もうおれを悩ませたりしない所、火は燃えていても安全な処さ。行こう、さあ、行こう、フニクリ・フニクラ・・登って行けばフランスもスペインも眼下にみえる・・・」
 PHILIPS ホセ・カレーラスのナポリ民謡集から引用しています。

カタリ(つれない心)

 リカルド・コルディフェロ詞、サルヴァトーレ・カルディッロ(1874~1947)曲。
 1951年のイタリア映画{純愛}に使われて名高い殉情の旋律だあが、じつはずっと古く1911年に発表されている。
 カタリは女性名カタリーナの愛称風省略形。「カタリ、カタリ、お前はなぜ、このおれにそんなにも苦い言葉を告げるのだ?
 なぜそうしておれの心をさいなむのだ?忘れないでおくれ、カタリ、おれがお前に心のたけを捧げたことを・・・」
 PHILIPS ホセ・カレーラスのナポリ民謡集から引用しています。

遥かなるサンタ・ルチア

 E・H・マリオ(1884~1961)の作詞作曲。ナポリを離れて船出する人の、切々の情を歌った名歌。
 「遥かな土地をさして船は出ていく・・・船の上で歌う人かげ、あれはナポリの人たちだ!
 日暮どきに彼らが歌えば、湾はおぼろにかすんでいく。そして、月が出ると海のさなか、ほんの少しだけナポリが見える・・・
 サンタ・ルチア(ナポリの守護聖女、ひいてはこの土地そのもののこと)よ、お前を遠く離れたらどのように淋しいことか!
 幸せを求めて世界中をめぐろうとも、月の出る頃合いには分るだろう、ナポリを離れて生きられはしないことが・・・」
 PHILIPS ホセ・カレーラスのナポリ民謡集から引用しています。

帰れソレントへ

 エルネスト・デ・クルティスの名曲で、詞は兄のジアン・バッティスタ・デ・クルティスによって書かれた。
 スリエントとナポリ風になまったほうがなぜか趣ふかい「帰れソレントへ」は、1902年の作。
 「見てごらん、なんと美しい海!うつつに夢をみさせるような、多くのやさしいものごとを囁いている、お前が恋人に告げるのにも似た・・・この庭を見てごらん、
 オレンジの香りをかいでごらん、この香りは胸の奥までしみとおる・・・なのにお前は言うのだね「わたしはいきます、さよなら」と、この胸から、愛の郷から遠く離れて、二度と戻らぬ心積もりでいるのかい?
 置き去りにしないでおくれ、苦しませないでおくれ。ソレントは帰ってきて、このわたしを生かしておくれ!・・・」
 PHILIPS ホセ・カレーラスのナポリ民謡集から引用しています。

オーソレミオ

 ヴィンチェンツォカブーロ詞、E・ディ・カプア(1865~1917)曲。1898年ピエディグロッタの歌祭に優勝して以来、世界中で愛唱されてきた1曲。
 スペイン風(さらにでどころをさぐればキューバ)なハバネラのリズムを借り入れているが、それが曲調ののあかるさによく似合う。
 「嵐のあと静まった待機を日差しが照らす一日とは、なんと美しいものだろう。さわやかな空気を縫って、それはまるでひとつの宴!
 だが、おれにはもうひとつ、さらに美しい太陽がある、お前の顔に輝くその瞳が!・・・」
 PHILIPS ホセ・カレーラスのナポリ民謡集から引用しています。

 愛する女性の今の輝くばかりの美しさを全身全霊をもって歌い上げる。今が大事なのだ。スコットランド人のように永遠の愛など不確かなモノを歌っていられるか・・イタリア人にとっては今、今現在が真実なのだ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ